改葬の手続きとその流れ

バナー

改葬の手続きとその流れ

改葬とは簡単に言えば、お墓の引っ越しです。

身体的に墓に行くまで負担がかかる等といった様々な理由によって、墓を近くに移し替えて管理したい方が検討しているようです。

しかし改葬はちゃんとした手続きを事前に踏んだうえで行なわなくてはなりません。
何故ならその手続きのなかには法律で定められたものもあり、寺の住職や石材店の協力も必要だからです。

その手順の始まりとなるのは、まず新しい墓地の契約でしょう。
現在お世話になっている墓地とは違う新しい墓地を契約してもらい、受入証明書を発行してもらうことが第一のステップです。
次に現在の墓を管理している墓地の管理者へ改葬することを伝え、埋葬証明書を発行してもらいます。

これが第二のステップです。



第三のステップは市区町村役場に向かうこととなります。
ここで改葬許可申請書をもらい、それに現在の墓地の管理者に署名と印鑑をしてもらいましょう。



そして受入証明書と埋葬証明書とともに役場に提出すれば、許可証をもらうことができます。
第四のステップはいよいよ移動に取り掛かります。
これは石材店や住職に依頼しなければなりません。



まず遺骨を取り出すために石材店に依頼し、ついで墓から魂を抜く法要をおこう必要があります。


その後新しい墓地へ遺骨を移して、住職に開眼法要と呼ばれる法要を行ってもらうように頼みましょう。
そして最後に古い墓地を更地に戻して返却すれば、手続きは完了です。

この手順が終わるまでの期間は最低で2カ月程度となります。

Copyright (C) 2016 改葬の手続きとその流れ All Rights Reserved.