永代供養墓の定義や管理についての心得

バナー

永代供養墓の定義や管理についての心得

墓は故人を埋葬して偲ぶための設備ですが、近年の少子化や核家族化による人口の減少から親族による管理が難しい問題があります。
また、墓石の修繕や土地の利用料金など金銭的な負担も墓の維持を困難にしている要因になっています。そのため、墓石の管理を寺院などの施設に委託する永代供養墓の需要が増加しています。

BIGLOBEニュースの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

永代供養墓は本来なら故人の近親者が行う墓の管理を寺院などの施設に代行させるのが特徴で、手続きを踏むことで施設が故人の墓の管理を引き継ぎます。



永代供養墓にすることで故人の親族が墓の管理の手間を省くことが出来る利点がありますが、永代供養の定義は寺院などの設備によって異なるので、必ず事前に詳細を確認することがトラブル回避の心得です。

また、墓の管理内容によって契約費用が異なるので併せて注意します。

永代供養墓の中には複数の故人の遺骨を纏めて埋葬する形式も存在します。

個別に墓石を用意するのと比べて支出を低く抑えることが出来る利点がある一方で遺骨が混在したり墓所の移転の際に親族の許可を得るのが難しい欠点もあります。



また、永代供養墓は寺院などの設備の運営方針が変更されると契約内容が破棄されてしまうケースもあることから、事前に供養の方法について正しい知識を持ったうえで信頼できる所を選ぶのが親族の社会的な責務です。故人の供養は形式や費用などで安易に即決せず、故人を偲ぶ気持ちを長く持つことが出来るように心がけることが大切です。


Copyright (C) 2016 永代供養墓の定義や管理についての心得 All Rights Reserved.