樹木葬の特徴や利点とは

バナー

樹木葬の特徴や利点とは

自然葬の内の一つである樹木葬は、樹木を墓標とする埋葬方法です。

散骨とは異なり、遺骨を埋葬するにあたり行政で定められた場所である墓地や霊園などを限定とし許可されています。

このため散骨のように死体遺棄などの法に触れずに行えます。樹木葬では様々なスタイルがあり、シンボルの象徴としての樹木を植えた近辺に遺骨の埋葬をするものや、一つの遺骨ごとに樹木を植えることなどかたちは様々です。

幅広い分野のBIGLOBEニュースに関するお役立ちコンテンツ満載です。

里山のスタイルを取るものは墓標である樹木そのものが判別しにくい程に自然と一体化している場合もあり、死後に自然に還るとしたコンセプトを持つ樹木葬ならではの趣があります。

多くの樹木葬では、核家族化した現代での墓の継承についての問題にも影響せず、永代供養墓であることが基本です。このため継承者がいなくても購入でき、無縁とはならない利点があります。

宗教面でも自然葬のため制約が無く、墓石を使用しないことから一般的に費用が安い傾向にもあります。



中には使用料が無料である霊園や墓地も存在します。

また、埋葬は供養のスタイルでもあり、親族がいる場合には前もって相談する必要性があります。

樹木葬では一度埋葬を行ってしまうと後に遺骨の取り出しが出来ないことや、次となる、例えば親族の遺骨をその場へ埋葬することが出来ず新たに購入する必要があるからです。

宗教的なことや供養への概念、意見は各々異なる場合があるので、埋葬を行う以前に話し合うことが大切です。



Copyright (C) 2016 樹木葬の特徴や利点とは All Rights Reserved.