永代供養を考えるとき

バナー

永代供養を考えるとき

永代供養とは、遺骨の管理と供養を遺族に成り代わって寺が行うサービスのことで、墓参りに行くのが難しいという家族や子供や孫がいなくて墓の管理をする人間がいないという家族に人気があります。
どの程度の期間永代供養を受けられるのかと言うと、それは寺の規定によって異なります。



また遺骨をどのように管理するのかもそれぞれの寺によって異なり、七回忌や十三回忌などを一つの目安として供養にひと段落をつけるという寺も多いので、契約前にきちんと確認を行っておきましょう。
また遺骨の扱いについても同様です。



一つずつ仏壇のような場所に安置をしたりするケースもあれば、一つの供養塔に合同で安置する場合もあるため、事前によく確認をすることが重要です。


永代供養の良いところは、自分や家族がきちんと供養を出来なくても寺が責任を持って管理をしてくれ、盆や正月など季節の行事には念入りな供養をしてもらえて魅力的です。

一般的なお墓と比べると金銭的負担が軽減できるというケースもあるため、予算的に自分では満足な供養をしてあげられないと考えるケースでも寺への管理を検討してみると良いでしょう。


そうすれば予算内で満足出来る供養をしてあげることが可能です。



永代供養を利用することは薄情なことでもなく、自分勝手なことでもないため、自分のケースに適していると考えるならば積極的に利用していけばよいでしょう。


そうすれば故人も遺族も満足出来る供養を実現する事が出来るでしょう。

Copyright (C) 2016 永代供養を考えるとき All Rights Reserved.